園の紹介 園長あいさつ

認定こども園あおい宙川西では、「一人ひとりを大切に、個々を知り、一人の人間としての尊厳を大切にする」という理念のもとに、子どもたちが毎日安心して過ごせるように努めています。

乳児期には、それぞれの子どもの生活ペースに合わせて、担当保育教諭がしっかりと関わりをもち、安心して生活できるようにしています。また、一人ひとりが好きな遊びで充実した時間を過ごせるように担任全員で見守っています。
幼児期には、専門講師による運動遊びを始め、発達に合った色々な活動を行います。また、隣接する「あいな清和苑」を訪問する異世代交流、外国人との異文化交流など、色々な人 たちとのふれあいの機会も大切にしています。社会にはいろいろな人が存在し、その中で愛されながら生きていることを知ってほしいと思っています。
異年齢交流の時間も多く取り、年長児には小さな子への思いやりの気持ちを、年少児には大きなおにいさん・おねえさんへの憧れの気持ちが育つようにと願っています。

大きな木は土の中でしっかりと根をはっています。認定こども園あおい宙川西で過ごす子どもたちは、今、心の根っこになる部分が育つ時期です。しっかりと根をはり、やがて立派な木になり、自分らしい花を咲かせてほしいと願いながら、日々保育に努めています。

園長 加藤 美輪


上へ